FC2ブログ

社員旅行第三班 「金沢」 お宿のお食事

IMG_1317.jpg

今回お世話になった宿「百楽荘」さん
綺麗で色々なサービスがある、素敵な宿でした。
夕食も前菜から始まりデザートまで、地元ならではの食材で美味しく頂けました。
見栄えも加賀を感じる、きらびやかな演出の数々。

IMG_1319.jpg

地元の美味しい海の幸を使った料理に、地元の美味しい牛肉にと美味しさ◎

IMG_1323.jpg

IMG_1329.jpg

デザートも凝った趣向のデザートで〆。

IMG_1332.jpg

また皆で楽しく囲む夕食は、更に一段と美味しく感じさせてくれます。

IMG_1336.jpg

朝食も朝から「のどぐろ」を頂きました。
設備からお料理に、お風呂とゆっくり寛ぎ、大変勉強になるお宿さんでした。

マネージャー  佐々木

社員旅行第三班 「金沢」 2日目

IMG_1341.jpg

2日目は前田藩ゆかりの地を巡る1日。
金沢城は加賀100万石の前田藩主の居城で、今の季節は桜に囲まれた城が日本を感じさせてくれる風景に。
驚くのは、来城している観光客に日本人が少なく、外国の方々ばかりにも驚き。
桜と城、両方ともに日本を感じさせてくれるからでしょうか?

IMG_1355.jpg

そして、日本三名園の兼六園に。
金沢と言えばの代名詞にもなる庭園。
広い敷地に、美しい情景。
市街地の真ん中なのに、心安らぐ緑と情緒に満ち溢れた庭園。
そして、完ぺきに整備された庭園という「人の力」にも驚きました。

IMG_1352.jpg

ちなみに季節によってお花も変わり、小鳥も沢山いるのでリフレッシュがてらのウォーキングには最高の観光地。
金沢に行かれた際は、必ずお寄り下さい。

IMG_1357.jpg

そして「金沢駅」
最も美しい駅とよばれ、能楽の加賀宝生で使う鼓をイメージしたアーチが印象的でした。
その後は、金沢の町で夜ご飯。
マグロの中落ちや、幻魚(げんげ)等々、地元ならではの海鮮物で金沢の夜の街を堪能。

IMG_1363.jpg

IMG_1361.jpg

お酒もみんなでたっぷり飲んで、これで長く楽しい2日目が終了。
でもこの日の一番は、コレ。

IMG_1366.jpg

バームクーヘン、パンの類ではございません。
美味しい金沢おでんの出汁をたっぷりと吸った、「麩」
色んな意味で、夢にまで出ちゃいそうです。

マネージャー  佐々木

社員旅行第三班 「金沢」 1日目

IMG_1302.jpg

新大忠リゾート毎年恒例の社員旅行。
社長・若女将・山風木の山崎マネージャーに、金子さんと私。
今回は初めての石川県。
石川県と言えば、加賀百万で有名な前田家領。
歴史的な風景を残しつつ、今なお沢山の人で賑わっておりました。

IMG_1298.jpg

桜も散り始めておりましたが、満開の桜の木も多々あり江戸時代の人になった気分で散策。
花の慶次が好きなので、一度は訪れて見たかった土地に足を付けられ良い気分に。

IMG_1299.jpg

東茶屋ではゴージャスな食べ歩き・・・。
流石は加賀100万石。
皆でシェアして、色んな物を頂きました。
これもみんなで行く、旅の醍醐味。

IMG_1295.jpg

もちろん金箔・歴史だけではありません。
しっかりと日本海の海の幸も堪能。
そして、宿へチェックイン。
チェックイン後は、夕食まで宿の周りをみんなでおしゃべりをしながら散策。
いつもは仕事の顔で会うメンバーですが、こういった時はまた違った雰囲気に。
普段話さない事を話したリ、笑ったりと絆が芽生える瞬間です。

初日は金沢観光に、宿を堪能し就寝の、あっという間の一日でした。
2日目へ続く・・・。

マネージャー  佐々木

これぞあったら良いな

IMG_1096.jpg

フロントカウンターの前に、荷物置き。
先日、社長に購入いただいた物。
置いたとたん、ほとんどのお客様がバックを置いたり何かと利用。
いつも、後ろの棚に荷物をおくお客様を見ているのに気づかない。
毎日、同じ日を繰り返しと考えていると、目の前のお客様のニーズを拾えないなんだなと反省。
こういったちょっとした、あったらいいなが沢山ある宿。
社長ありがとうございます。

マネージャー  佐々木

社員旅行 第2班 3日目

20190314075213ac8.jpeg

そして…社員旅行最終日。

午前10時30分の開店に合わせて、銀座1丁目のスパゲッティ ジャポネ へ
15分前程だった為、最前列には並べましたが開店時には10人以上の行列が出来上がっていました。

焼きうどんのような醤油ベースの味付け、シンプルな見た目ですが本当に旨い!
割と本気で今回の旅で一番感動したかもしれない一品

麺の太さや柔らかさ、味付けや口当たりなど全てがバランス良く纏まって文句のつけようがありません。
長年の間、行列の絶えない名店として親しまれているのが良くわかります。
いまだに惜しむらくはレギュラーサイズを頼んでしまったこと…せめてジャンボにするんだったと後悔。


食後は後ろ髪をひかれながらも、新宿へ移動して買い物をしてから ルミネtheよしもと へ
今度は有名どころの漫才を見て、笑顔を頂きました。


今年は東京への旅だったこともあり、美味しいものや奇麗なもの、快適なものがたくさんあります。
逆に言うと人も物もありふれているような状態です。

だからこそ大忠ならではの料理や、雰囲気、体験などを突き詰めて
わざわざ選んでお越し頂いたお客様にご満足していただけるよう、より一層精進していかなければ…と思った旅行でした。

サービス 黒沢
Profile

daicyu

Author:daicyu
創業明治元年。宮城蔵王 遠刈田温泉にある全9室の小さな旅館です。お客様の「また来たよ」が聞きたくて、毎日「あったらいいな」のおもてなしをみんなで考えています。どうぞ宜しくお願い致します。

Brand New
Archive
Comment
Trackback
Category
Link
Rss Link
QR Code
QR