FC2ブログ

これからが「秋の行楽」シーズン

IMG_20191017_094723~3

これからの蔵王は観光シーズンに入ります。
ですが、今年は自然災害が多くいろいろな事に影響しています。
今回の台風も今までに無い位の状況で全国的に被害をもたらしています。
皆様の住んでいる地域は大丈夫でしたか?
時が経つにつれて被害の大きさに心痛めております。
心より御見舞い申し上げます。

まだ未定ですがメイン料理の仙台牛ステーキが仙台牛すき焼きに変更になります。
私共も変わらず営業出来ている事に感謝し、頑張って行きたいと思います。

調理 伊藤

秋の訪れ

8月ももう下旬となり、夏の暑さもピークは過ぎたのかな?という感じの遠刈田。
季節が秋へと変われば、蔵王の魅力も大忠の魅力も、夏とはまた違ったものになります。

秋の大忠、最大のウリと言えば、なんといっても「はらこ飯」。

①はらこ飯

鮭の出し汁で炊き上げたご飯に、鮭といくらをたっぷり乗せた宮城の秋を代表する郷土料理。
9月~10月限定の期間限定のお食事です。

他にも、前菜やおばんざい等でも秋が旬の食材を使ったお料理をご提供いたします!


秋の蔵王に目を向ければ、梨をはじめとした秋の味覚と、美しい蔵王の紅葉ですね。

直近では9月7日・8日に、今年で第七回となる「みやぎ蔵王 梨まつり」が開催されます。
蔵王町は宮城県内一の生産量を誇る梨の名産地です。
この時期に大忠へお越しになられるお客様は、ぜひ梨まつりにお立ち寄りください!

SKM_C36819081111280.jpg


サービス 佐藤

アンティーク皿

IMG_E1880[1]

売店に置いてある、アンティーク皿。
最近気になってしょうがないんです。
色、模様、大きさ、深さが自分で作った料理にはどの皿が良いんだろうと。
そして、この頃はこの皿を作った方は、どういった料理を乗せて欲しかったのか?
なんでお皿に風景を描いたのかとか、色々考えてしまうように。
その時代の流行りもあるのでしょうが、なるべく皿の本領を発揮できるような使い方をしたいなと思い、先日売店からちょっと深めのお皿を購入。
早速自宅でも活躍してくれております。

もちろん売店なので、本当に必要なお客様にご購入頂くのが良いのですが、次の入荷が楽しみになっちゃってます。
色々な想像を膨らませて、売店のアンティーク皿をご覧ください。
お皿もその時の出会い、良いなって思ったらそれがその瞬間です!

マネージャー  佐々木

種蒔きに収穫

IMG_E1690.jpg

最近は量より質。
そして、安心安全で美味しい食材を意識する時代へと変わってきました。
食の安心安全というのは、無農薬、出所がはっきりしている等々、人によって重要する項目は違いますが
私の場合は、自分でやる事が一番だと考えています。
毎年、私自身で個人的な目標を立て、それを実行し行動に移す事にしております。
ちなみに今年は、「野菜」
今年は野菜を育てているんです。
知識も乏しいので、失敗の繰り返しですが、農薬などは一切使わず。
なるべく自然のままに作る野菜。
これが一番の安心なのかな?

IMG_1664[1]

収穫はほどんどないのですが、土から作り種をまき、それぞれの苦難を乗り越え、収穫した時の喜びは大きい物。
収穫している時に、社長が以前「種を蒔く」話をしていた事を思い出しました。
宿にも同じことが言えることを、実体験から学ぶことが出来る貴重な体験。

そして夏には、きっともう少し多くの、安心・安全を胸を張って言える、野菜をお客様にお召し上がり頂けると思います。
失敗から学び、成功へと導く力は生まれながらにして持っている力だと思うので、これを糧に大忠でも土づくりを
しっかりやって、種を蒔きみんなで収穫していきましょう!

マネージャー  佐々木


再認識

IMG_E1705.jpg

先日、久しぶりに仙台へ。
牛鍋が美味しいと言われるお店に。
やっぱり自分の足で行って見て、食べて、そこのでの料金をお支払い。
見聞きだけでは、そのお店の価値や満足度って分からない事だなぁ~と改めて思い直し。

今回はA5ランクの最高級の仙台牛のモモ肉と、ロースの牛鍋を注文。
一人鍋のスタート。
一人だろうが、何人だろうが、美味しい物は美味しい。
その後も、教えて頂いたお店へ。

IMG_1715.jpg

単純そうに見えて、1つ1つ工夫が凝らしてある仙台のお店の数々。
今回は、美味しい物を食べて勉強というよりは、激戦区のお店の努力を勉強した一日。
大忠でも活かせるよう、これからも色々なお店に足を運ぼうと思います。

マネージャー  佐々木

Profile

daicyu

Author:daicyu
創業明治元年。宮城蔵王 遠刈田温泉にある全9室の小さな旅館です。お客様の「また来たよ」が聞きたくて、毎日「あったらいいな」のおもてなしをみんなで考えています。どうぞ宜しくお願い致します。

Brand New
Archive
Comment
Trackback
Category
Link
Rss Link
QR Code
QR