FC2ブログ

吟のいろは



今年新たに誕生した県育成酒造好適米 『吟のいろは』

1997年にデビューした「蔵の華」から約20年ぶりとなる新しい酒米

気にはなっていたものの何だかんだでまだ未体験です。


日本酒は造り方はもちろんですが、お米によっても大きく味や香りが変わります

吟のいろはで醸したお酒は味わいに深みのあるやわらかな酒質となるとの事


再開へと向けて新しくお酒を仕入れるタイミング

実際の販売状況にもよりますが候補の一つとして検討中

仕入れるにしても、どちらの酒造さんのお酒にするか悩み所ですね。


サービス 黒澤

梅酒

QWRB8810.jpg

5月13日 大忠休業中

自家製のお酒と言えば「梅酒」

自家製のお酒は、ご家庭の個性がとっても出るお酒。

佐々木家の梅酒は、作り方がとっても簡単。

梅をパンパンに詰め、砂糖は少な目。(目安は通常の砂糖の半分以下)

毎回目分量なので、毎年味が変わります。

とにかく甘みが少なく、梅の味が前面に出ている味なんです。

ちなみに、梅をパンパンに詰めるのがポイント。

半年で超辛口梅酒。

1年で辛口梅酒。

2年で・・・。

こうやって味の変化も楽しめるお酒。

梅に拘る、漬け方に拘る、砂糖に拘る。

来年、再来年の楽しみに、自家製梅酒おススメです。

マネージャー  佐々木

はじける甘さのワインサワー!

202005082334041b9.jpeg


程よい甘さの赤玉パンチ!

意外と好きなお酒です。

昔から販売されている赤玉ポートワインが元となったワインサワー
赤玉ポートワインが1907年という事を考えると長い歴史があります。

赤玉パンチとしての飲み方も1977年が初め
最近流行ってるのは復刻という形になります。

懐かしさも相まって好まれる方も多くいらっしゃいます。

もちろん自分にとっては経験は無いはずなのですが
なんとなく懐かしさを感じてしまう甘さです。


流行り廃りは一時のもの
とはいえ良いものはやっぱりまた流行りが巡ってきます。

新しいものはもちろん大事なのですが
過去の良いものを掘り起こすのも大事だと改めて実感しますね。

サービス 黒澤

増し増しクリームソーダ

20200505212023045.jpeg


今日は噂の悪い飲み物を...
材料を用意して投下!

20200505212046b08.jpeg


なんというか背徳的にジャンクな飲み物の完成!

もちろん相性抜群で美味しい仕上がり
甘いものが大丈夫であればお勧めです。

外出自粛な世の中ですので
ご自宅でのちょっとした贅沢にいかがでしょうか?

サービス 黒澤

新政酵母

20200502234418f8d.jpeg

本日のお酒のお話

秋田の新政酒造さんが誇る『新政 No.6』

特約店のみの販売となり
中々手に入れる事が難しいお酒です。

現存する最古の清酒酵母であるきょうかい6号酵母
寒冷地での酒造りを可能とした、画期的な酵母でしたが
近年では新しい酵母も増え、影を薄くしていました。

その6号酵母(通称、新政酵母)に価値を見出し
8代目佐藤さんの感性も合わさって生み出されたお酒です。

R,S,Xの3タイプありますが、個人的にはS-typeがお勧め!

古いものでも価値を見いだして形にする
実際に味わいながら、肝に銘じたいものです。

サービス 黒澤
Profile

daicyu

Author:daicyu
創業150年。宮城蔵王 遠刈田温泉にある全9室の小さな旅館です。お客様の「また来たよ」が聞きたくて、毎日「あったらいいな」のおもてなしをみんなで考えています。どうぞ宜しくお願い致します。

Brand New
Comment
Link
Visiter Counter
Archive
Category
QR Code
QR