FC2ブログ

冬到来

20181214211742926.jpeg

最近はめっきり冷え込んできており、冬の訪れを感じます。

足が冷え性なこともあり、体が底冷えする今日この頃
こんな時こそ温泉につかると芯から体が温まります。

源泉掛け流しの温泉につかり、美味しいお料理とお酒を愉しむ…
寒い冬だからこそ、より贅沢なひと時となること間違いなし。

是非大忠でのご一泊をごゆっくりとお過ごしくださいませ。

サービス 黒沢

連泊でゆったりと・・・

02_満天星_33

温泉、お料理、そしてなにより、ゆったりとした時間をお過ごし頂くなら、やっぱり「連泊」がベストです。
特にこの冬の大忠は、「仙台名物のせり鍋」「魔法のりんご風呂」と、
蔵王観光では「樹氷ツアー」と盛りだくさんとなっております。

更に連泊だと、1泊目と2泊目で違ったお料理をお楽しみ頂けます。
美味しいお料理を食べて、温泉に入って、ゆったりと・・・。
今年の疲れを癒しに、是非冬の大忠を「連泊」でお楽しみください!

サービス 佐藤

ここ一番の最強の「おかず」

IMG_0588.jpg

朝食のご飯が進むおかずの一つ、「ヤーコンの胡麻炒め」
ヤーコンのシャキシャキ感と、ごま油の風味がとにかく美味しく、白いご飯をどんどん進ませます。
個人的にはこれだけでも、白いご飯が大忠のご飯茶碗だったら軽く2~3杯いけちゃいます。
本当に美味しいんですよね。

もちろんこれだけではないのが、大忠の朝ご飯。
朝から日頃味わえない、贅沢がたくさんです。

夕食もですが、朝食にもご期待ください!

マネージャー  佐々木

楽しく、美味しい冬の「鍋」

IMG_0587.jpg

11月から始まった、冬の名物「仙台 せり鍋」
1番のこだわりは・・・
①有機無農薬で大切に育てた「名取産の三浦さんのせり」
②蔵王のバイオファームさんで育てた「蔵王鴨」

そえてある、大根これも蔵王の瑞々しい新鮮な大根。
そして、大切なのは・・・
じっくり時間をかけて出汁をとり、根っこは隅々まで歯ブラシで綺麗にする手間。
更に、スタッフが美味しさの秘密を説明しながら作ります。

これだけのこだわりを持って作る「鍋」
美味しくないわけがないんです。
冬の期間だけの限定のお料理。

楽しく、美味しくお召し上がり下さい。

マネージャー  佐々木

名物料理への道 その六 「軍鶏鍋への独り言」

IMG_E0538.jpg

軍鶏鍋
現実の昔、坂本龍馬が好きだったとされる鍋。
フィクションでは鬼平犯科帳シリーズで登場する鍋。

仙台のセリ鍋や、博多のもつ鍋、秋田のきりたんぽ鍋、広島の牡蠣の土手鍋
自分で作った鍋も含めると相当な回数の鍋を食べております。
基本的にみーんな美味しいんです。
でも、もう一回県をまたぎ、食べに行こう!っと思ったお店は正直無いんです。

今回のお題、「軍鶏」、「100年続く名物料理」、「もう一回食べたい鍋」
軍鶏鍋を食べに何度も足を運ぶ理由。
先ずは、それを確かめないと前に進まない気が・・・。
考えて打ち込んでいる内に、独り言のようなブログになってしまいました。
次回はその理由が判明するかもです。

マネージャー  佐々木
Profile

daicyu

Author:daicyu
創業150年。宮城蔵王 遠刈田温泉にある全9室の小さな旅館です。お客様の「また来たよ」が聞きたくて、毎日「あったらいいな」のおもてなしをみんなで考えています。どうぞ宜しくお願い致します。

Brand New
Comment
Link
Visiter Counter
Archive
Category
QR Code
QR