根っこが肝の「せり鍋」

IMGP0001 (2)

毎朝届く、名取産のせり。
毎日、一本一本丁寧に歯ブラシで泥を落とします。
11月~2月までは、調理場ではこの作業が繰り返されることとなります。

段々と、水も冷たくなり冬本番ですが、その分セリは香り高く美味しく成長していきます。
根っこも段々と太くなり、ピークを迎えます。
是非、大忠のこの手間暇かけたせりをお召し上がりにいらしてください。

特に12月は忘年会のシーズンです。
小規模(8名様)まででしたら、お泊り頂けますので、是非お気軽にご連絡下さい。
泊まりで、帰る事も心配なし。
ドリンク無料で、追加の料金の心配なし。
最高の忘年会になるはずです。

マネージャー  佐々木

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

daicyu

Author:daicyu
創業明治元年。宮城蔵王 遠刈田温泉にある全10室の小さな旅館です。お客様の「また来たよ」が聞きたくて、毎日「あったらいいな」のおもてなしをみんなで考えています。どうぞ宜しくお願い致します。

Brand New
Archive
Comment
Trackback
Category
Link
Rss Link
QR Code
QR